メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの学校祭

宇都宮大 「おとなしい」とは言わせない! 宇大生のパワーあふれる2日間

宇都宮大学オリジナルキャラクター「宇~太」とともに開会宣言

[PR]

来場者でにぎわう峰キャンパス
ダンスサークル「doocle」のステージ

 宇都宮大学で11月18、19日に第69回大学祭「峰ケ丘祭(みねがおかさい)」が開催された。今年度のテーマは「I MY ME MINE」。一人称「I」の格変化の中にMINE(みね)が含まれていることから、「一人一人にとって特別な意味を持つ学園祭になるように」という願いが込められている。

     初日の午前中から多くの来場客が訪れ、各サークルが中心となった出店を楽しむ様子が見られた。国際学部交換留学生としてチェコから来日したアレシュさんは「所属しているサークルのたい焼きのお店を手伝ったり、ほかのサークルの店のエキゾチックな食べ物を味わったりして、とても楽しい時間を過ごせた」と話していた。

     また、ゼミでの研究活動を紹介するブースもいくつか設けられた。貧困問題を考えるゼミに所属する馬場夏希さん(教育学部総合人間形成課程4年)は、ホームレスを支援する雑誌「BIG ISUUE」の販売を行った。「忙しい中みんなが協力してくれて、いい思い出になりました」と最後の学校祭を笑顔で締めくくった。

     ステージ発表では、日本舞踊サークルなどの成果発表のほか、宇大公式キャラクター「宇~太」のショーも開催された。2日目はダンスサークル「doocle」がラストを飾り、最高のパフォーマンスで盛り上げた。終了後に打ち上げられた花火は、多くの学生の心に刻まれたことだろう。大学祭実行委員会委員長の青木亮磨さん(農学部2年)は「たくさんの方々の協力と理解のおかけで、最後までやり遂げることが出来ました」と感想を述べた。

     「おとなしい」と見られがちな宇大生だが、学校祭ではあふれんばかりの明るい笑顔で、日ごろの成果発表に励んでいた。来年の峰ケ丘祭で、宇大生の別な一面にぜひ触れてほしい。【企画広報課学生スタッフ「UU-PRAS」・教育学部4年 小林未來、同3年 大嶋美陽】

    宇都宮大

    公式HP:http://www.utsunomiya-u.ac.jp/
    所在地:〒321-8505 宇都宮市峰町350
    電 話:028-649-8172

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

    2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

    3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

    4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

    5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです