メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立命館アジア太平洋大

「全力で大学経営に専念」 次期学長・出口氏抱負を語る

抱負を語る立命館アジア太平洋大学の次期学長、出口治明氏

 立命館アジア太平洋大学(APU)の次期学長に決まった「ライフネット生命保険」創業者の出口治明(はるあき)氏(69)が抱負を語った。

     11月24日に会見した出口氏は、日本生命の部長などを経てライフネットを2008年に創業。インターネットで保険を販売し、大手の半額程度の保険料を実現、12年に東証マザーズに上場させた。「生命保険とのつき合い方」(岩波新書)など保険関連に加え、「『全世界史』講義」(新潮社)など、世界史に関しても多数の著書がある。6月に同社の取締役を退任し、東京で同社のPRと若手の育成に取り組んできた。

     同氏は、以前、東大の学長室アドバイザーを2年間務めたことがあり、大学は未来の社会の競争力そのものだと気づいたという。「90カ国もの留学生がいるAPUは、グローバリゼーションの観点では日本で最も進んだ大学だ。世界の大学の競争で、地位を上げたい」と語った。

     APUは12月末で任期満了の学長を7月に公募、締め切りの8月末までに約100人の推薦があったという。外国人4人を含む10人の選考委員が、来年1月に就任する新学長を出口氏に決めた。

     会見した今村正治副学長は、理由として(1)APUとライフネットは、ベンチャー的な開拓精神で一致する(2)出口氏は国内外に広いネットワークを持つ(3)歴史に関する本を書くなど深い教養がある(4)小規模な組織の能力を伸ばす技術がある--の4点を挙げた。

     出口氏は「経営は既存のものの組み合わせだが、どう組み合わせるかを考えることで独創性が生まれる。90カ国もの考え方を互いに学べるAPUは大変な可能性を持つ。近く別府市に引っ越し、全力を傾けて大学経営に専念する」と語った。【大島透】

    立命館アジア太平洋大

    公式HP:http://www.apu.ac.jp
    所在地:〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1
    電 話:0977-78-1111

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]