連載

大学倶楽部・立命館アジア太平洋大

公式HP:http://www.apu.ac.jp 所在地:〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1 電話:0977-78-1111

連載一覧

大学倶楽部・立命館アジア太平洋大

留学生提案「しょうゆ」試食会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
しょうゆの試作品を使った料理を試食する留学生ら 拡大
しょうゆの試作品を使った料理を試食する留学生ら

 留学生らが提案し、大分県臼杵市の「フンドーキン醤油(しょうゆ)」が試作した、しょうゆの試食会が、立命館アジア太平洋大学であった。

 同社は、イスラム圏で販売するしょうゆを開発中。インドネシアなど5カ国の同大留学生チームのアドバイスを受け、試作の候補を甘い「はちみつ醤油」、酸味のある「カボス醤油」に絞り込んだ。

 先日の試食会では、その2種を使った「ナシゴレン」(東南アジアの焼きめし)、生春巻きを学生らが試食し、意見を出し合った。「テリヤキにいける」「煮魚や刺身にも良い」など、特に「はちみつ醤油」が好評だった。

 同社によると、イスラム圏では甘いしょうゆが好まれるため、イスラム教の聖典で健康に良いとされる「はちみつ」を使った。味の改良を続け、イスラム圏で販売しやすくなる「ハラール認証」を来春までに取得したいという。【大島透】

あわせて読みたい