メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・産業能率大

経営学部の学生が音楽イベントをプロデュース 東京・渋谷でのライブに200人

約200人の観客で会場はいっぱいに

[PR]

イベントを企画・運営した学生たち
学生リーダーの川島萌さん

 産業能率大学の学生が企画した音楽イベントが12月8日、東京都渋谷区のライブハウスで開催された。経営学部の授業「アーティスト・プロモーション」の一環として、2、3年生25人が8カ月がかりで一から作り上げた。

     松尾尚教授と越中敏之兼任講師が担当するこの授業では、エンターテインメントビジネスの収支構造を体感的に学ぶことを目的に、毎年12月にライブイベントを実施しており、今年で10回目。赤字を出さない「経済性」と、アーティストが追求する「芸術性・社会性」を両立させることが目標だ。

     学生たちはコンセプトの立案から出演アーティストの選定・交渉、プロモーション、当日の運営、損益管理まで一連のプロセスを全て、自分たちで担当した。今回のタイトルは「RETROCK(レトロック)~上を向いて歩こう~」。SNS(ソーシャル・ ネットワーキング・サービス)などインターネットばかりに頼ったコミュニケーションや情報収集、娯楽があふれる中、「時代を超えて生き続ける古き良きレトロな音楽を通じて、魂を震わせる体験を提供したい」という思いが込められている。

     チケットは1枚2500円(当日券3000円)で、学生が運営するホームページなどを通じて販売した。当日は約200人の観客で会場はいっぱいになり、野外フェスやライブイベントを中心に活躍する4組のアーティストが2時間にわたって演奏を繰り広げ、会場を盛り上げた。

     学生リーダーを務めた川島萌さんは「イベントの趣旨を理解し、素晴らしいステージにしてくださった出演者、来場者、協力くださった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです」と感想を述べた。

     イベントの収益の一部は、音楽業界を中心にエイズ啓発活動を展開している団体「AAA(アクト・アゲインスト・エイズ)」に寄付される。

    産業能率大

    公式HP:http://www.sanno.ac.jp/
    所在地:〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15
    電 話:03-3704-9040

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

    2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

    3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

    4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

    5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです