メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・金沢工業大

長野県飯田市の空き家活用 「夢を語れる場に」

改築予定の古民家と木股玄登さん(左端)たち=長野県飯田市南信濃和田で

[PR]

 長野県飯田市の南信濃地区で、同市出身で金沢工業大学大学院で建築デザインを学ぶ高橋歩さん(24)ら10~20代の若者で組織する「山暮らしカンパニー」が、空き家を活用した交流スペース作りを進めている。

 山暮らしカンパニーは高橋さんが発起人になり、16年3月に設立。4人の中心メンバーが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを使って南信濃の情報を発信している。

 古民家を改築、仲間の共有スペースにしようという計画は、岐阜県土岐市から南信濃地区に移住した介護士で、猟師を目指す木股玄登さん(26)が獲物をさばくのに一軒家を探し始めたことがきっかけ。築100年以上で約9年、空き家となっていた木造平屋建ての民家を活用。所有者の遠山章さん(66)の協力を得て、昨年10月から改築計画を立て、居室2部屋、共有スペース、風呂、トイレなどを設置し、今春の利用開始を目指す。

 当面の管理人を務める木股さんは「進路に迷い、土岐市の実家で祖父の持ち帰った野鳥を処理しながら、人間は自然と関わって生かされていると実感した」と語り、この家を拠点に猟師を目指すつもりだ。加えて、「この家では農業、会社員などあらゆる業種の若者が集い、夢を語れる場所にしたい」と話した。【大澤孝二】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです