メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神田外語大

平昌冬季五輪の通訳ボランティア 全国7外国語大学から学生100人

渡航前のガイダンスで活躍を誓う神田外語大の学生たち

[PR]

現地の情報を交換する学生ら

 2月9日に韓国で開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪に、全国の外国語大学7校から100人の学生が通訳ボランティアとして参加する。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、通訳ボランティアの需要が高まる中、専門知識を備えた人材を育成するのが狙い。神田外語大英米語学科2年の大内聖来(せいら)さん(20)は「今回のボランティア経験を20年大会では社会人として生かしたい」と話している。

     参加するのは、関西外国語大▽神田外語大▽京都外国語大▽神戸市外国語大▽東京外国語大▽長崎外国語大▽名古屋外国語大--の7大学で、14年6月にグローバル人材の育成に向けて「全国外大連合憲章」を締結。通訳技法や異文化理解、観光ガイド、スポーツ文化などに関する合同セミナーなどを学生対象に開催してきた。20年大会に向けては、通訳ボランティアの育成に取り組んでいる。

     平昌五輪への参加は、韓国・ソウル出身で神田外語大スポーツ通訳ボランティア推進室の朴〓〓(パクジョンヨン)室長(38)が「20年大会を控え、学生たちの通訳力を高めてもらいたい」と平昌大会組織委員会と交渉して実現させた。開催前の2月1日に渡航し、同26日まで滞在する。渡航費は自己負担だが、宿泊費や食費は大会組織委が負担する。英語・韓国語・中国語・スペイン語・フランス語など9言語に対応でき、会場内外で外国人の誘導係などとして活動する予定だ。

     神田外語大で17年9月に開かれたボランティア募集のガイダンスには、7大学から約280人が登録した。神田外語大は、通訳ボランティアの参加経験や各種外国語試験の得点などを総合的に勘案して67人の学生を選出。他大学もそれぞれの基準で選考を行った。

     韓国への留学経験がある神田外語大アジア言語学科4年の長尾洸さん(22)は「現地では日本代表としてみられる。言葉を話す以上にコミュニケーションを大事にしたい」。同大国際コミュニケーション学科2年の宇佐美華子さん(20)は「4年に1度の五輪に参加できるのが楽しみ。会場の盛り上がりや空気を感じたい」と話した。【秋丸生帆】

    〓は王ヘンに穴カンムリに合の一を取る

    神田外語大

    公式HP:http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/
    所在地:〒261-0014 千葉市美浜区若葉1-4-1
    電 話:03-3258-5837

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

    2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

    3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

    4. ORICON NEWS 松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

    5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです