メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立教大

発達障害がある生徒の教育考える 香山リカさんら講演 東京・八重洲で24日

立教大現代心理学部の香山リカ教授

[PR]

 発達障害がある生徒の教育を考えるシンポジウム「思春期における高校教育の役割とは」が2月24日午後6時から、東京都中央区八重洲2の「ビジョンセンター東京 旧別館」で開かれる。立教大現代心理学部教授の香山リカさんら精神科医2人の講演と、発達障害の生徒を含む教育に取り組む北星学園余市高校(北海道余市町)の報告を通して、さまざまな特性を持つ子どもたちがともに学ぶ「インクルーシブ教育」について語り合う。

     香山さんと和歌山県精神保健福祉センター所長の小野善郎さんが、高校教育のあり方や必要なことをテーマに講演する。また、同高の取り組みを報告する教諭とともにパネルディスカッションする。

     主催は同高。入場無料。定員200人。申し込み・問い合わせは大阪市のNPO法人「関西こども文化協会」(06・6809・5613)。【五味香織】

    立教大

    公式HP:http://www.rikkyo.ac.jp/
    所在地:〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
    電 話:03-3985-2202

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

    5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです