メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立正大

薬物依存の現状紹介 三重県とNPOがフォーラム 丸山泰弘准教授らが対談

薬物依存への向き合い方について対談する丸山泰弘氏(左)と市川岳仁氏

[PR]

 薬物依存症への理解を深めるフォーラムが2月10日、県人権センター(津市一身田大古曽)であった。三重県と、薬物依存症のリハビリを支援するNPO法人三重ダルクが共催した。立正大の丸山泰弘准教授(刑事法学)と三重ダルクの市川岳仁代表が、薬物依存からの回復について対談した。

     違法薬物の使用事件は再犯率が高い。丸山准教授は「ヨーロッパではいかに薬物の害悪を減らすかという考え方が主流だ。治療的な行為を刑事司法と公衆衛生のどちらが担うのかが国際的な問題になっている」と現状を紹介した。市川代表は「回復には本人の主体性が欠かせない。薬物依存は、その人が抱える生きづらさが大きく関わっており、葛藤がある」と述べた。【井口慎太郎】

    立正大

    公式HP:http://www.ris.ac.jp
    所在地:〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16
    電 話:03-3492-5250

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

    2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

    3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

    4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

    5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです