メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

茨城県常総市とまちづくりで協力 復興支援や防災訓練で連携強化

連携協力に関する協定を結んだ茨城大人文社会科学部の佐川泰弘学部長(左)と、常総市の神達岳志市長

[PR]

 茨城大人文社会科学部と茨城県常総市は2月19日、まちづくりや防災などで連携する協定を結んだ。市は大学の知恵を借りて、関東・東北豪雨(2015年9月)からの復興に取り組む。

 豪雨後、茨城大の教員らは市に対しさまざまな復興支援を実施し、水損した古文書の修復や、小中学校の防災訓練などに協力してきた。

 協定は協力関係をさらに発展させる狙いで、今年5月にシンポジウムを開催する他、大学と市をテレビ会議システムでつなぎ、高校生対象の進路相談会も開く予定。

 佐川泰弘学部長が「さまざまな取り組みを深く、広くやっていければ」、神達岳志市長は「協定で大学と市の絆がより結ばれるよう期待する」と、それぞれ話した。【宮田哲】

茨城大

公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
電 話:029-228-8111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです