メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

茨城県常総市とまちづくりで協力 復興支援や防災訓練で連携強化

連携協力に関する協定を結んだ茨城大人文社会科学部の佐川泰弘学部長(左)と、常総市の神達岳志市長

[PR]

 茨城大人文社会科学部と茨城県常総市は2月19日、まちづくりや防災などで連携する協定を結んだ。市は大学の知恵を借りて、関東・東北豪雨(2015年9月)からの復興に取り組む。

     豪雨後、茨城大の教員らは市に対しさまざまな復興支援を実施し、水損した古文書の修復や、小中学校の防災訓練などに協力してきた。

     協定は協力関係をさらに発展させる狙いで、今年5月にシンポジウムを開催する他、大学と市をテレビ会議システムでつなぎ、高校生対象の進路相談会も開く予定。

     佐川泰弘学部長が「さまざまな取り組みを深く、広くやっていければ」、神達岳志市長は「協定で大学と市の絆がより結ばれるよう期待する」と、それぞれ話した。【宮田哲】

    茨城大

    公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
    所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
    電 話:029-228-8111

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

    4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

    5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです