メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・日本薬科大

麺屋武蔵がキャンパスに一日出店 障害者らがラーメン作りを体験

協力してしょうゆラーメンを作る親子(右側2人)

[PR]

自分たちで作ったしょうゆラーメンを味わう参加者ら

 人気ラーメン店「麺屋武蔵」(東京都新宿区、矢都木二郎社長)は2月18日、日本薬科大学に一日出店し、障害者にしょうゆラーメン作りを体験してもらうイベントを開催した。3~86歳の親子ら103人が参加。店と同じ麺、スープ、器を使った煮干しの香る本格的な味を再現して堪能した。

     参加者は全員、社会福祉法人彩明会(埼玉県桶川市)が同市や伊奈町で運営する施設に所属している。矢都木社長が同町出身で、同大や彩明会の施設も同町にある縁で実現した。

     この日の体験会には、同大陸上競技部の学生らも手伝いで加わった。参加者は、協力しながらどんぶりにしょうゆだれを入れたり、麺上げや煮卵などをトッピングしたりして1時間かけて完成させ、みんなで味わった。

     ある障害者の母親は「貴重な体験をさせてもらい、大変幸せです」とほほ笑んだ。矢都木社長は「普段なかなか店に来られない人に、おいしいラーメンを食べてもらい、地元への貢献ができた」と語った。

    日本薬科大

    公式HP:http://www.nihonyakka.jp/
    所在地:〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室10281
    電 話:0120-71-2293

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

    3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

    4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

    5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです