メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪教育大

現職教員が学校改革を提言 国際協働プログラム成果発表会開催 大阪市で

現職教員ら12人が発表した「多文化共生社会構築をめざした学校改革への提言 国際協働プログラム成果発表会」
最優秀提言賞を獲得した安田教諭(右から3人目)とイギリス視察グループ

 新時代の学校改革を提言する「多文化共生社会構築をめざした学校改革への提言 国際協働プログラム成果発表会」(大阪教育大学主催)が2月10日、大阪市内で開催された。教育関係者ら約80人が参加。投票の結果、イギリスを訪問した同市立天王寺小学校の安田加弥教諭が最優秀提言賞に輝いた。

     この「提言」は文部科学省の委託事業で、大阪府、大阪市、堺市の各教育委員会が後援した。同大連合教職大学院に在学する現職教員ら12人が今夏、ドイツ、カナダ、イギリスの学校現場を視察し、各国の状況や大阪の地域特性を踏まえた学校改革案をまとめた。来日後間もない外国人児童らを日本語習得の拠点校に集めて学習させることや、大規模災害時に子どもの心を救うため、家族写真や大事にしている小物などを保存袋に入れた「心のケアセット」を学校で保管することなど、さまざまな領域に関する提案が発表された。

     安田教諭の最優秀提言は「インクルーシブ教育の実現-コーディネーターを軸にした校内支援の充実-」で、多様化する子どもの問題について、コーディネーターを中心としたチームによる支援体制を構築するという内容。役割を明確にし、学校内外の人材を柔軟に活用することで、教員の負担も軽減できるという。安田教諭は「提言にまとめることで、どうすれば実現できるのか具体的に考えることができた。実現に向けて来年度の組織マネジメントが動き始めている。できることを一つずつやっていきたい」と抱負を語った。

     同大連合教職実践研究科主任の森田英嗣教授は「皆さんの提言を今日の発表だけで終わらせず、大学の授業にも反映させていく。皆さんは実現に向かって頑張ってほしい」と激励した。

    大阪教育大

    公式HP:http://osaka-kyoiku.ac.jp/
    所在地:〒582-8582 大阪府柏原市旭ケ丘4-698-1
    電 話:072-976-3211

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
    2. WHO、「ゲーム障害」を新たに依存症として認定
    3. 大阪モノレールで車両発煙 最大約2時間運転見合わせ
    4. 行方不明 来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山
    5. 珍しい双子同場所V 貴源治初の十両優勝 兄・貴ノ富士も前日幕下優勝

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです