メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神田外語大

2月にインドネシア語辞典発刊 舟田教授ら 学習からビジネスまで幅広く対応

2月に発売された「プログレッシブ インドネシア語辞典」

[PR]

インドネシア大使より盾を授与される舟田教授(写真左)

 神田外語大学外国語学部インドネシア語専攻の舟田京子教授らが編集した「プログレッシブ インドネシア語辞典」が2月26日、小学館から発売された。使用頻度の高い日常語、生活語、ビジネス語を中心にした約3万3000語と、現代インドネシア社会に即した約2万8000の豊富な用例を収録し、学習からビジネスまで幅広く対応している。

     インドネシア語は、基になる単語(基語)からの派生語が多いため、利用者が基語を見極められずに単語がひけないという課題があった。この辞典では、派生語も見出しに取り上げ、派生語から基語をひけるようにした。また、重要な派生語は基語の中でも取り上げて解説している。全ての見出し語に品詞を表示し、動詞の場合は自動詞・他動詞も区別。語法や構文情報、口語・文語の区別などの情報もふんだんに取り入れ、使いやすくしてある。

     舟田教授は、この辞書を含めてこれまでインドネシア語に関する書籍出版・教育に携わってきたことが同国から「両国の懸け橋になった」と評価され、3月26日に大使館で盾を授与された。今回出版した辞書については「用例も多く、初心者から上級者まで簡単に使える分かりやすい辞書にした」とPRしている。B6判、1104ページ、税抜き4900円。問いあわせは神田外語グループ広報部(03・3258・5837)。

     同大は3月8日にジャカルタのアトマジャヤ大学スマンギキャンパスに「KANDA/ATMA JAYA JAPAN CENTER」を設立。同大の日本語教員1人が常駐し、学生のほか日系企業に勤務するインドネシア人向けの日本語教育も行う。現在、同国には約1500社の日系企業が進出していて、同センターが両国の交流を促進する役割を期待されている。

    神田外語大

    公式HP:http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/
    所在地:〒261-0014 千葉市美浜区若葉1-4-1
    電 話:03-3258-5837

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

    2. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

    3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

    4. 頭に10カ所、両足の裏に40カ所の傷…結愛ちゃん虐待 詳細明らかに

    5. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです