メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・日本薬科大

米・デュケイン大と学術交流に関する覚書を締結 姉妹校の学生と研修も

学術交流覚書調印式に出席した都築副学長(前左)とゴムリー学長(同右)
日本人学生28人が参加したデュケイン大学での研修の風景

 日本薬科大学は3月23日、米ペンシルベニア州ピッツバーグ市にあるデュケイン大学と同大で学術交流に関する覚書を締結した。両大とも薬学部があり、相互の薬学教育・研究を発展させるために今後、臨床薬学に力点を置いて人的交流をしていく。

     同大は1878年創立の私立カトリック系大学。薬学部、法学部など10学部と大学院を備えている。調印式には日本薬科大の都築稔副学長、デュケイン大学のゴムリー学長が出席した。

     調印式を挟んだ3月16~27日の12日間、日本薬科大と姉妹校の第一薬科大、横浜薬科大の学生計28人が、デュケイン大学で研修した。医療制度、感染症、予防接種の講義やフィジカルアセスメント実習に参加し、系列のUPMCマーシー病院や同大薬局に訪問し、米国での薬剤師の役割を学んだ。学生は日米の医療保険の違いやチーム医療の現状を体感。日本の医療制度や薬剤師の在り方を考える機会となった。

     日本薬科大薬学科1年生の利根川実李さんは「学生との交流、講義・実習、家庭へのホームステイなどで生きた英語や異文化を体験できて有意義な研修だった」と笑顔で振り返った。

    日本薬科大

    公式HP:http://www.nihonyakka.jp/
    所在地:〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室10281
    電 話:0120-71-2293

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
    2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
    3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
    4. 大阪モノレールで車両発煙 最大約2時間運転見合わせ
    5. 行方不明 来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです