メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・金沢工業大

学生が目薬ロボット開発 高齢者や手が不自由な人への活用期待

自動で目薬を落とすロボットを開発した成宮陽生さん(手前)

[PR]

 金沢工業大工学部を3月に卒業した学生が手を使わずに自動で目薬をさしてくれるロボットを開発した。お年寄りや手が不自由な人などへの活用が期待されている。

 開発したのは、石川県白山市の成宮陽生(はるき)さん(22)。ロボットは高さ174センチメートル、幅54センチメートル、奥行き49センチメートルのアルミ製だ。内側の椅子に座って上を向き、「右」「左」と目薬をさしたい目を声で伝えると、カメラが目の場所を探しだし、センサーで目までの距離を測って1滴を落とす仕組み。昨春から取り組み、卒業制作として実現させた。

金沢工業大

公式HP:https://www.kanazawa-it.ac.jp/
所在地:〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1
電 話:076-246-4784

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです