メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大学倶楽部・名古屋市立大

滝子キャンパスにれんが敷きの広場が完成 学生の憩いの場に

完成したソテツ広場

[PR]

オープニングセレモニーで公演するアカペラグループ
ワーキンググループが誘致したキッチンカー

 名古屋市立大学は、このほど名古屋市瑞穂区にある滝子(山の畑)キャンパス内に「ソテツ広場」を整備した。憩える場がほしいという学生らの要望を取り入れ、温かみのあるれんがを敷き詰めた。今後はイベント会場としても使われる。

     広場はキャンパス内の南東にあり、651・44平方メートル。整備にあたって、同大芸術工学研究科の鈴木賢一教授と研究室が協力し、学生や教職員でつくるワーキンググループの意見を取り入れた。れんがは、名古屋市上下水道局の鍋屋上野浄水場(同市千種区)で100年以上前から使われていたが、2010年からの全面更新工事に伴い不用となったもの。同局から譲り受けた約2万個のれんがを、コンクリート敷きの車道のような場所だったソテツの植え込み周辺に敷き詰め、学生の憩いの場に再利用した。

     4月12日には関係者が集まり、オープニングセレモニーが開かれた。同大の郡(こおり)健二郎学長は「広場をイベントなどで活用し、キャンパスを盛り上げてほしい」とあいさつした。ワーキンググループに参加した学生は「ソテツ広場は滝子キャンパスの新たな魅力になる」と期待を込めた。新しく完成したステージでは、アカペラグループによる公演も行われた。

     同大では14年度から、学生の視点を取り入れた魅力的なキャンパスづくりを目指す「きらめき☆ときめき 山の畑キャンパスプロジェクトワーキンググループ」が発足。学生が明るく充実した学生生活を送ることや、大学に誇りと愛着を持ってもらうことを目的に、有志の学生を中心に教職員も参加して検討を重ねてきた。現在までに、学生約70人が参加。これまで、キッチンカーの誘致(17年度)などを行ってきた。

    名古屋市立大

    公式HP:http://www.nagoya-cu.ac.jp/
    所在地:〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
    電 話:052-853-8328

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

    2. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

    3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

    4. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

    5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです