メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京外国語大

フィギュアスケート国際大会のボランティアとして活躍 言語文化学部・木村さん

大会会場で一緒に活動した国際ボランティアの学生と。右が木村さん
大会会場となったスケートリンクで国際ボランティアの学生たちと記念写真を撮る木村さん=右から二人目

 東京外国語大学言語文化学部インドネシア語専攻の木村エミさんが、1月に台湾・台北市で開催された「国際スケート連盟(ISU)四大陸フィギュアスケート選手権 2018」に国際ボランティアとして参加した。

     大会には、TOEIC Listening & Reading Testと TOEIC Speaking Testのスコアで選ばれた木村さんを含む6人の大学生が、日本から国際ボランティアとして派遣された。木村さんは英語力を生かし、選手や関係者ののサポートを務めたほか、さまざまな国から訪れた来場者の案内など、国際コミュニケーションの場で活躍した。

     木村さんは「ボランティアを通し、コミュニケーションをとる際には言語力より『相手に伝わりやすくしようとする努力』が一番大事だということを学んだ。 『日本が大好き』という声もたくさん聞け、日本の素晴らしさを改めて感じると同時に、見習わなければいけないものをたくさん見つけた気がする。今回、貴重な体験ができただけに、今後もこのような国際的なボランティアに参加してみたい」と振り返っていた。

    東京外国語大

    公式HP:http://www.tufs.ac.jp/
    所在地:〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
    電 話:042-330-5151

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
    2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
    3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
    4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
    5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです