メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・吉備国際大

鹿肉カレー試食会 商品化を目指す 淡路島特産のタマネギなど使用

鹿肉を使ったジビエカレーの試作品を持つ狩猟サークルの学生

[PR]

 吉備国際大農学部が狩猟で捕獲した野生の鹿肉を用いたジビエカレーを開発し、4月25日、同大南あわじ志知キャンパス(兵庫県南あわじ市)で市民らを対象にした試食会があった。鹿肉に淡路島特産のタマネギなどを加えた特製品で、夏以降の商品化を目指す。

 南あわじ市では鹿やイノシシによる作物被害が増加。2014年に農学部の学生たちが狩猟サークルを発足させ、わな猟免許を取って捕獲に乗り出し、ヘルシーな鹿肉を有効利用する方法を探ってきた。昨年、食品化学加工学ゼミの学生が、鹿肉を使ったカレーの商品化を提案。狩猟サークルの学生たちが、ゼミの学生が考えたレシピを基に取り組んできた。

 試作品はデミグラスソースに10種類以上の香辛料、調味料を加えて仕上げた。試食会では市民や教員、学生らから味や辛さ、鹿肉の大きさ、においなどについてアンケートを取った。農学部醸造学科の金沢功助教(32)は「学生が捕獲した鹿の肉と、学校の農場で学生が収穫するタマネギを使って商品にしたい」と意気込みを見せた。【登口修】

吉備国際大

公式HP:http://kiui.jp/
所在地:〒716-8508 岡山県高梁市伊賀町8
電 話:086-231-3600

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです