メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・日本薬科大

陸上競技部新監督に中田盛之氏就任 「箱根駅伝初出場の目標を果たす」と抱負

陸上競技部部長の都築稔副学長(右)と固い握手をして飛躍を誓う中田新監督

 日本薬科大学は5月1日付で、陸上競技部の新監督に元関東学院大学陸上競技部監督の中田盛之氏(55)が就任したと発表した。同大は東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)初出場を目指しており、中田氏は「箱根駅伝初出場の目標を果たし、五輪、世界選手権で活躍できる選手を輩出したい」と抱負を語った。

     中田氏は静岡県出身。現静岡市立清水商業高校から日本体育大学に進学した。長距離選手で大学時代は4年連続で箱根駅伝に出場し、2年生時には総合優勝に貢献。4年生で主将も務めた。卒業後は日産自動車の陸上競技部で1990年まで活躍。その後、同大陸上競技部長距離コーチ、関東学院大学陸上競技部監督を歴任し、同大を6回、箱根駅伝大会に導いたほか、世界選手権マラソン代表選手も指導していた。

     中田監督は就任にあたり「徳をもって勝てる選手、チームを育成していきたい」と意気込みを見せた。

    日本薬科大

    公式HP:http://www.nihonyakka.jp/
    所在地:〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室10281
    電 話:0120-71-2293

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
    2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
    3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
    4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
    5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです