メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・産業能率大

湘南ベルマーレホーム試合を学生が盛り上げ ステージイベントやブース出展も

子どもにも人気のあったフェイスペイント
被災地復興のために物産品を販売した復興支援テント
スタンドを埋めた湘南ベルマーレを応援する学生

 5月19日にShonanBMWスタジアム平塚(神奈川県平塚市)で開かれたサッカーJ1「湘南ベルマーレ対ジュビロ磐田」で、産業能率大学の学生約1300人が試合の応援をはじめ、スタジアム周辺でのさまざまなステージイベントやブース出展で観戦ムードを盛り上げた。

     同大は2004年に湘南ベルマーレと提携を結んでいる。この日の試合は、年に1度開催される同大の冠試合「産業能率大学スペシャルデー」。今回で15回目だった。

     スタジアムのある公園内の野外ステージでは、学生と「ららぽーと湘南平塚」のアパレルショップがコラボレーションしたファッションショーを開催。学生は湘南ベルマーレのグッズやチームカラーの緑を取り入れたコーディネートを考案し、ランウェイに見立てたステージを自らがモデルとなって歩いた。ほかに、学生によるフリースタイルフットボールやダンスのパフォーマンスが次々と披露され、道行く人々も足を止めて見入っていた。ステージ横に設置した学生による無料のフェースペイントブースにも、子どもから大人まで多くのサポーターが訪れた。

     また、公園の一角に東日本大震災被災地の復興支援を目的とした「産業能率大学復興支援テント」を設置し、学生が福島県をはじめとした東北の被災各地の野菜や物産品を販売。テントには福島県出身のタレント・なすびさんも駆けつけて学生とともに地元の物産をアピールし、両チームのサポーターでにぎわいをみせた。さらに、試合開始の1時間前には学生が地元FMラジオに生出演。番組のアシスタントMC(進行役)を務めたりインタビューに答えたりと、キックオフ直前のスタジアムの熱気を伝えた。

     試合が始まると、学生はゼミごとに企画したそろいのTシャツや応援グッズを使って試合を盛り上げた。スタジアムには、この日までの湘南ベルマーレ今季ホームゲームの最高となる観客1万4385人が来場。その空気を肌で感じながら、学生がいろいろな場面で躍動した一日となった。

    産業能率大

    公式HP:http://www.sanno.ac.jp/
    所在地:〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15
    電 話:03-3704-9040

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
    2. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
    3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
    4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
    5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです