メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立命館大

関西学生野球完全優勝 最優秀選手に辰己涼介選手

優勝を決め喜ぶ立命館大の選手たち

 関西学生野球春季リーグは5月26日、わかさスタジアム京都で2回戦2試合があり、4季ぶりの優勝を決めている立命館大が同志社大に逆転サヨナラ勝ちし、全チームから勝ち点を挙げる完全優勝を果たし、全日程が終了した。

     今季21安打を放ち通算104安打とした立命館大の辰己涼介選手(4年・社)が最優秀選手、リーグトップの5勝(1敗)を挙げた立命館大の山上大輔選手(同・立命館宇治)が最優秀投手に初選出。首位打者は打率4割8分5厘の立命館大・橋本和樹選手(2年・龍谷大平安)が獲得した。

    首位打者に橋本和樹選手

     ○…前日まで首位打者争いでリーグ3位だった立命館大の橋本和樹選手が2安打を放ち、打率を4割8分5厘に乗せ逆転で頂点に立った。四回の守備から途中出場し、六回に外角の変化球を引っ張り左前へ。八回は高めの真っすぐを中前に運んだ。龍谷大平安高では4番を務めた2016年センバツで4強。大学に入り変化球への対応に苦しんだが、昨冬にスイング改造に取り組み、今季は7番・一塁に定着。大学選手権に向け、「打って勝利に貢献したい」と意気込んだ。


    (2)近大2勝

    京大 000000200=2

    近大 01500214×=13

     (京)樋川、長谷川、横田、仲村、原-村山、長野

     (近)横山、石原、伊波-川上

    (2)立命大2勝

    同大  002200100=5

    立命大 000001005=6

     (同)仲野、村居、福島孝-西林

     (立)坂本、糸井、小橋、有村-大本


     【ベストナイン】

    投手  高野脩汰選手(関大)初

    捕手  川上翔大選手(近大)初

    一塁手 橋本和樹選手(立命大)初

    二塁手 多田桐吾選手(関大)(2)

    三塁手 姫野大成選手(関学大)初

    遊撃手 西拓樹選手(京大)初

    外野手 辰己涼介選手(立命大)(3)

     〃  竹村陸選手(近大)(2)

     〃  佐藤輝明選手(近大)初

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
    2. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
    3. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か
    4. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
    5. 安倍首相が“速報ツイート”「同盟、さらに揺るぎないものに」 トランプ氏とのゴルフ終了

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです