メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神田外語大

20年東京五輪・パラリンピック ボランティア参加を 7月16日にシンポ

[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア募集に向けたシンポジウム(県主催、千葉市、千葉県成田市、浦安市、一宮町共催)が7月16日に開かれる。県民にボランティアの意義を知ってもらい、積極的な参加を促すためで、6月1日から参加者を募集している。平昌冬季五輪に学生ボランティアを派遣した神田外語大の担当者による成果報告などもある。

     県県民生活・文化課によると、県内では五輪・パラリンピック期間中に交通・観光案内を担当する都市ボランティア約3000人を9月中旬から募集する予定。

     シンポジウムでは主な募集要件や業務内容などを説明するほか、フェンシングの五輪銀メダルで日本フェンシング協会会長の太田雄貴さんが基調講演する。

     参加費無料。定員500人。申し込みはインターネットの専用ページか、はがきなどに氏名、電話番号、住所などを明記して同課に郵送する。応募者多数の場合は抽選となる。問い合わせは同課(043・223・4147)。【加藤昌平】

    神田外語大

    公式HP:http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/
    所在地:〒261-0014 千葉市美浜区若葉1-4-1
    電 話:03-3258-5837

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

    2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

    3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

    4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

    5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです