メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

茨城県とコメの栽培技術研究 白未熟粒の発生を防ぐ

[PR]

 茨城大は茨城県とともに、低い品質のコメである白未熟粒の発生を防ぐ栽培技術の研究を進めている。

     増冨祐司准教授(農業気象学)によると、気温、日射量がほぼ同じ地域内でも、実際は田んぼや生産者によって白未熟粒の発生率に差があることが分かってきた。現在、県内の生産者の協力を得て、発生率と栽培方法、土壌などの関係を調べている。

     コメの暑さへの適応策は、高温耐性品種の導入や栽培品種の分散などもあるが、作ったコメが売れなければ意味がない。増冨さんは「農業の適応策は、技術開発だけでなく、販路の確保などを包括的に進める必要がある」と話している。

    茨城大

    公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
    所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
    電 話:029-228-8111

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

    2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

    3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

    5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです