大学倶楽部・学習院大

辻邦生著『背教者ユリアヌス』の魅力解き明かす 9日に講演会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 学習院大は6月9日、東京都豊島区目白1の学習院創立百周年記念会館で講演会「辻邦生『背教者ユリアヌス』をめぐって」を開催する。

 『背教者ユリアヌス』は同大フランス文学科で教鞭を執っていた作家、辻邦生の大作で毎日芸術賞を受賞した。講演会では、4世紀のローマ皇帝・ユリアヌスの劇的な生涯が描かれている同著の魅力を美術と文学の両面から解き明かす。

 第1部は美術史家の金沢百枝・東海大文化社会学部教授、第2部は小説家・精神科医の加賀乙彦さんが講師を務める。

 講演会の第1部は午後1時半、第2部は同3時15分から。入場無料。事前申し込み不要。問い合わせは学習院大学史料館(03・5992・1173)。

あわせて読みたい