メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・金沢工業大

組織の危機管理テーマに古市教授が講演 アジア刑政財団大阪支部総会で

組織の危機管理について語る古市達郎・金沢工業大教授

[PR]

 アジア諸国の刑事司法の発展に取り組む公益財団法人「アジア刑政財団大阪支部」(支部会長=荒川洋二・元大阪高検検事長)の総会が6月7日、大阪市天王寺区の大阪国際交流センターで開かれた。法曹関係者や企業幹部ら約40人が参加した。総会後には、元近畿公安調査局長の古市達郎・金沢工業大教授が組織の危機管理をテーマに講演した。

 大阪支部はアジアを中心に海外の検事や警察官を招いて研修を開いている。総会では、海外の司法関係者の受け入れ実績などについて報告。今年度も意見交換会を継続することを確認した。

 古市教授は、日大アメリカンフットボール部の選手による悪質なタックルを巡る一連の大学側の対応などに触れ、「危機管理ではまさかの事態への対応の仕方が問われる。組織のトップには悪い情報こそすばやく伝える必要がある」などと語った。【宮嶋梓帆】

金沢工業大

公式HP:https://www.kanazawa-it.ac.jp/
所在地:〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1
電 話:076-246-4784

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです