メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・宇都宮大

宇都宮で発生のヒートアイランド現象 気温差最大4度 滝本助教が調査

宇都宮大の滝本家康助教授

 都市部に熱がこもって気温が上昇するヒートアイランド現象が宇都宮市内で発生していることが、宇都宮大教育学部の滝本家康助教(38)=気候学=の研究で確認された。市街地と郊外で最大4度の気温差があったという。滝本助教は「今後の街づくりでは環境への影響も考慮する必要がある」と指摘する。

     滝本助教によると、県内の局地的な気候の研究論文や継続的な調査結果はほとんどなく、独自に調査することにした。5月24~27日の4日間、車に気温計を積み、午後11時~午前0時にJR宇都宮駅を中心に半径約5キロの範囲を一定速度で走り、気温を記録する移動観測を実施した。

     その結果、平均気温は約18度だったが、東北新幹線の線路よりも西側の市街地や市南西部で、平均より2度ほど高いエリアがあった。一方、線路の東側で気温が低い傾向が見られた他、市中心部から北に延びる丘陵地域では平均よりも2度ほど低いクールアイランドになっていることが分かった。6月1、2日にも同時間帯に同じ調査を実施したが、同様の傾向だったという。

     気温が高かった地域は、東北線や東武宇都宮線などが走っているエリアだった。滝本助教は「沿線地域における長年の街づくりの影響が積み重なった結果ではないか」と分析している。

     ヒートアイランド現象が進むと、夏場には猛暑がさらに深刻化し、生態系など環境への影響や、上昇気流が発生しやすくなることで局地的なゲリラ豪雨など異常気象が発生しやすくなる懸念もある。滝本助教は「エアコンなどをたくさん使用する夏場や冬場はさらに気温差が開く可能性が高い。住みやすい街づくりは必要だが、環境への影響などの考慮も必要ではないか」と話している。【萩原桂菜】

    宇都宮大

    公式HP:http://www.utsunomiya-u.ac.jp/
    所在地:〒321-8505 宇都宮市峰町350
    電 話:028-649-8172

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
    2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
    3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
    4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
    5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです