メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・亜細亜大

留学生が郷土文化でおもてなし 国際交流パーティー開催 武蔵野キャンパス

参加者に料理をふるまう留学生(写真右)
国際交流を楽しんだ留学生と地域住民ら

 亜細亜大学に在籍する留学生の組織「留学生会」は6月16日、同大武蔵野キャンパスにある複合施設アジアプラザで「第44回国際交流パーティーWe Are The World」を開いた。11カ国・地域の留学生約120人が、日ごろお世話になっているホストファミリーや地域住民230人を、感謝の気持ちを込めた手作り郷土料理や民族音楽、ゲーム企画でもてなした。

     この日、会場のテーブルには、タイのナンプラー漬けチキンや中国の中華ニラ卵焼き、スリランカのマトンカレー、ミャンマーのヨーグルト寒天など見た目も華やかな品々が並んだ。また、学生によるベトナム音楽のライブやインドネシアの伝統舞踊であるガムランの深遠な音色などが披露された。

     言語、食、文化で笑顔の絶えない交流が図られ、参加者は「国籍も文化も異なる人たちと、皆で一緒にさまざまな料理を食べたり、話したりして幸せを感じました」と満足そうに語った。

     同大には現在、19カ国・地域の留学生約400人が同大で学んでいる。留学生会は同大で学ぶ多国籍の学生や日本人学生、地域住民との交流を通して、国際的視野を身につけて充実した大学生活をすごすために活動している団体。パーティーやキャンプ、弁論大会などのイベントを企画・実施しており、日本人学生も活動をサポートしながら参加している。

    亜細亜大

    公式HP:http://www.asia-u.ac.jp
    所在地:〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10
    電 話:0422-36-3238

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
    2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
    3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
    4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
    5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです