メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・中央大

教育交流や共同研究へ 鳥取県と環境大と連携協定

協定を結び、握手を交わす(左から)平井伸治知事、中央大の福原紀彦学長、環境大の江崎信芳学長

[PR]

 中央大は、鳥取県と公立鳥取環境大(鳥取市)と教育や研究に関する連携協定を結んだ。学生や教職員の相互交流や共同研究を進めることで、地域活性化や首都圏の学生のUJIターンにもつなげたい考え。

     中央大では、学部横断でさまざまな分野を学ぶ独自制度がある。そのうちの「環境・社会・ガバナンスプログラム」を中心に、環境大が専門的に研究する環境分野の課題や、地方が抱える経済問題について今後共同で研究していくという。8月には、岩美町の海をフィールドに、両大学の学生が海洋生物について学ぶことが決まっている。

     県が、大学と同様の協定を締結するのは、鳥取大と明治大(東京)に続き2例目。

     知事公邸で調印式があり、平井伸治知事は「新しい大学の姿を協力して追求できればいい」と期待。中央大の福原紀彦学長は「豊かな実りの多い交流をしたい」、環境大の江崎信芳学長は「新しい第一歩。さまざまなことを発展させられるよう尽力したい」と述べた。【小野まなみ】

    中央大

    公式HP:http://www.chuo-u.ac.jp/
    所在地:〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
    電 話:042-674-2050

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

    2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

    3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

    4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

    5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです