メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・中央大

東都大学野球 首位打者に吉田叡生外野手

春季リーグの首位打者に輝いた中央大の吉田叡生選手

[PR]

 春季リーグの表彰式が6月22日、東京都内で行われ、打率4割1分5厘(41打数17安打)で初の首位打者に輝いた中央大の吉田叡生外野手(4年・佐野日大)に、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた。今季はインパクトの瞬間だけに力を入れることを心がけたといい、吉田選手は「肩の力を抜き、結果を求め過ぎないようにしたことが、いいように作用した」と話した。

     主将と4番打者を務めるだけに、「6位に終わったので春季は不本意だった」と硬い表情。秋に向け、「もう一度チームを見つめ直したい」と繰り返した。【平本泰章】

    中央大

    公式HP:http://www.chuo-u.ac.jp/
    所在地:〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
    電 話:042-674-2050

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

    2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

    3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

    4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

    5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです