メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・中央大

東都大学野球 首位打者に吉田叡生外野手

春季リーグの首位打者に輝いた中央大の吉田叡生選手

 春季リーグの表彰式が6月22日、東京都内で行われ、打率4割1分5厘(41打数17安打)で初の首位打者に輝いた中央大の吉田叡生外野手(4年・佐野日大)に、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた。今季はインパクトの瞬間だけに力を入れることを心がけたといい、吉田選手は「肩の力を抜き、結果を求め過ぎないようにしたことが、いいように作用した」と話した。

     主将と4番打者を務めるだけに、「6位に終わったので春季は不本意だった」と硬い表情。秋に向け、「もう一度チームを見つめ直したい」と繰り返した。【平本泰章】

    中央大

    公式HP:http://www.chuo-u.ac.jp/
    所在地:〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
    電 話:042-674-2050

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
    2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
    3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
    4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
    5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです