メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東海大

柔道・全日本学生優勝大会 3年連続V 男子7人制

代表戦で筑波大の佐々木健選手(右)に払い腰で一本勝ちし、喜ぶ東海大の太田選手

 柔道団体戦で大学日本一を争う全日本学生優勝大会(全日本学生柔道連盟、毎日新聞社主催)最終日は6月24日、東京・日本武道館で第67回男子大会(体重無差別、7人制)の2回戦以降を行い、東海大が3年連続23回目の優勝を果たした。決勝で筑波大と1-1となり、代表戦で競り勝った。天理大と国士舘大が3位だった。

    太田選手、会心の投げ

     力強く右拳を突き上げ、歓声に応えた。決勝の代表戦で東海大の太田選手は、豪快に投げ技を決めて一本勝ち。チームを3連覇に導き、「プレッシャーに打ち勝てた」と破顔した。

     筑波大との決勝は、自らの一本勝ちで先行しながら、最後の大将戦で追いつかれた。会場がどよめく中、太田選手は「動揺せず、自分の準備だけを考えた」と言う。迎えた相手主将との代表戦。周囲の激励の言葉が頭に入らないほど、集中力は高まっていた。開始から1分37秒。両手で相手をつかまえると、「あとは根こそぎ持っていくだけ」と左足を払い上げ、畳にたたきつけた。

     上水研一朗監督がチームの柱として期待する存在だ。5月に右足の靱帯(じんたい)を痛めて、復帰に約3週間を要した。練習も十分には積めなかったが、上水監督は「エースはケガを言い訳にしない」と、代表戦にもつれればその一戦を託すことを、大会前から太田選手に伝えていた。

     昨年の世界選手権100キロ級王者のウルフ・アロン選手(了徳寺学園職)らが抜けた今年は、主将の香川選手もケガに苦しみ、上水監督も「負けを覚悟した」と明かす。それでも「壁を越えたかった」と太田選手。名門を引っ張る覚悟が、会心の勝利につながった。【角田直哉】


     【男子】

     ▽準々決勝

     東海大5-0山梨学院大、天理大1-1(内容勝ち)日体大、国士舘大2-1明治大、筑波大5-2中大

     ▽準決勝

     東海大3-0天理大、筑波大3-3(内容勝ち)国士舘大

     ▽決勝

     東海大1-1筑波大

     立川選手(2) 引き分け  佐々木卓選手(2)

     松村選手(2) 引き分け  石川選手(3)

     奥野選手(2) 引き分け  関根選手(2)

    ○太田選手(2) 大外刈り  上野選手(2)

           3分37秒

     後藤選手(2) 引き分け  田嶋選手(3)

     香川選手(3) 引き分け  鳥羽選手(2)

     村田選手(2) 裏投げ   佐々木健志選手(2)○

           1分36秒

           (代表戦)

    ○太田選手(2) 払い腰   佐々木健選手(2)

           1分37秒

     (カッコ内数字は段位)

    優秀選手

     太田彪雅選手(東海大)、村田大祐選手(同)、佐々木健志選手(筑波大)、関根聖隆選手(同)、白川剛章選手(天理大)、飯田健太郎選手(国士舘大)、長谷川優選手(山梨学院大)、藤原崇太郎選手(日体大)、田中源大選手(明治大)、岩崎恒紀選手(中央大)

    東海大

    公式HP:http://www.u-tokai.ac.jp/
    所在地:〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
    電 話:0463-58-1211

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
    2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
    3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
    4. 大阪市の指定暴力団幹部宅で拳銃4丁と覚醒剤約1.5キロを押収
    5. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです