連載

大学倶楽部・女子美術大

公式HP:http://www.joshibi.ac.jp/ 所在地:〒166-8538 東京都杉並区和田1-49-8 電話:042-778-6123

連載一覧

大学倶楽部・女子美術大

ヒーリング・アート 視覚障害児も楽しんで 東京・杉並で展示

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
表紙を開けると木製のブランコが現れる「絵本」 拡大
表紙を開けると木製のブランコが現れる「絵本」

 女子美術大で心の癒やし効果を目的とした芸術「ヒーリング・アート」を学ぶ学生10人が、視覚障害のある子どもでも楽しめる「絵本」を制作した。素材に布や木を使ったり、ページをめくると音がしたりといった絵本の固定観念を超えた意欲作8点が、同大杉並キャンパス(東京都杉並区和田1)で開催した巡回展「世界のバリアフリー児童図書展」で紹介された。

 絵本を作ったのは、昨年度に横山純子専任講師(コミュニケーションアート学)のヒーリング・アートの演習を受講した4年生。筑波大付属視覚特別支援学校の幼稚部や育児学級の子どもと交流しながら、バリアフリーの芸術のあり方を考えてきた。「目の見えない子が楽しい本は、見える子にとっても楽しい」というコンセプトで制作したという。

 布を貼っていろいろな動物の手の形を触って感じられるようにしたり、ページをめくる時に動くビーズの音で魚が逃げていくイメージを表現したりと、アイデアが満載。表紙を開くと木製の小さなブランコが現れ、実際に揺らして遊べる「絵本」もある。

 「しかくのかたち」という真っ白な本は、中央にある小さな四角い箱が、周囲に配置された物によって電車やケーキなどに「変身」するのを楽しむ一冊。作者の高橋真奈美さんは、視覚障害児の触覚による認識能力の高さに驚いた経験から「従来のバリアフリー絵本は『目で見えるもの』を伝えようとして、本物と違う姿を教えている気がした。『四角』から自由にイメージを膨らませることができるようにした」と話す。

 同展は国際児童図書評議会が障害があっても楽しめる本や障害をテーマにした本など約50冊を選定し、2年に1度、全国を巡回している。横山講師は「バリアフリーと言うが、バリアーを作っているのは自分たちだ、ということに気付くきっかけになってほしい」と話した。【谷本仁美】

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る