メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

福祉サービス活用した就活事例紹介 セミナーに約10人参加

福祉サービスを活用した就活方法を紹介するラルゴ神楽坂の渡会祐真さん

[PR]

 専修大学は障害学生の就職を支援するための「就活スタートアップセミナー-福祉サービスを活用した就活とは-」を6月26日、同大神田キャンパス(東京都千代田区)で初開催した。昨年から、障害者が就労に必要な知識や技術を身につける就労移行支援事業所を学生も利用できるようになったことを受けて企画され、同大の学生と支援者ら約10人が参加した。

     セミナーでは、同大卒業生が勤務する発達障害の人を対象に就労移行を支援するラルゴ神楽坂(本社・東京都新宿区)の支援員を講師に迎え、福祉サービスを活用した就活方法について講習が行われた。講習後、障害者雇用に配慮した特例子会社の就業事例が紹介された。

     就活方法の説明では、自閉症スペクトラム障害(ASD)の学生の事例を紹介。事業所は学生とともに、考えないで話し出してしまうことを防ぐための結論から伝える練習▽疲れて引きこもりがちにならないための「仕事を休まないために休む」ことを意識する練習▽自分の考えを整理することが苦手なことから、障害を含めた自己理解を行う練習--などに取り組んだ。その結果、自分の考えを具体的に言えるようになり、企業選びの基準を明確にできるようになっただけでなく、笑顔も増え、利用開始から約1年で就業することができた。講師の渡会祐真(わたらい・ゆま)さんは「学校以外にも支援者をつくることが重要だ」と話した。

     また、特例子会社の就労事例として、JTBグループ(本社・同品川区)などの人事担当者が登壇し、業務内容や障害への配慮、キャリアパスなどについて説明した。【丸山仁見】

    専修大

    公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/
    所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
    電 話:03-3265-6677

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです