メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・女子美術大

山車「静御前」お色直し 岡田教授ら1年がかりで修繕 栃木の山車会館で展示

山車「静御前」の修繕完了 修理を終えた山車に見入る関係者

 豪華絢爛(けんらん)な山車の競演で知られる栃木市の「とちぎ秋まつり」の主役のひとつで、市内最古の山車「静御前」=県指定有形民俗文化財=の1年がかりの修理が終わり、同市万町のとちぎ山車会館で展示されている。構造部は同市内の専門業者「大兵工務店」(山本兵一社長)、見送り幕は女子美術大の岡田宣世教授に依頼し、修繕した。11月9~11日のまつり本番には、お色直しした姿で市内を巡行する。

     静御前は江戸時代末期の1848年、江戸の人形師、松雲斎徳山が制作した。1874年に当時同市に置かれていた県庁での祭典の際、地元有志が東京・日本橋から購入したとされる。高さ7メートル、長さ3・8メートル、幅2・2メートルで、人形は源義経の妻静御前。同市倭町3丁目自治会(沢井康男会長)が所有している。

     制作から170年が経過し、車軸や車輪、櫓(やぐら)など木製の構造部や緋色(ひいろ)のラシャ地に金糸で若松を刺しゅうした「見送り幕」などの傷みが進んだため、昨年5月、同市観光協会や自治会などが「江戸形人形山車修理保存委員会」を設立した。費用は約1200万円で、東日本鉄道文化財団から300万円の補助を受けた。

     7月上旬には大川秀子市長が同会館を訪れ、岡田教授、山本社長から修繕の方法などについて説明を受けた。沢井自治会長は「文化財としての価値も高く、修繕できてうれしい」と語った。大川市長は「私たち女性のあこがれの山車。苦労もあるだろうが、これからも大切に守ってほしい」などとねぎらった。【太田穣】

    女子美術大

    公式HP:http://www.joshibi.ac.jp/
    所在地:〒166-8538 東京都杉並区和田1-49-8
    電 話:042-778-6123

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
    2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
    3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
    4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
    5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです