メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大学倶楽部・名古屋市立大

自分で企画・立案したプロジェクトを発表 新英語科目の履修生140人

七つのブースに分かれた会場

[PR]

作品を使って発表する学生(左)
ポスター発表をする学生(右)

 名古屋市立大学の英語科目「Action in English」を学ぶ1年生ら140人が7月18、19の両日、自分たちが企画・立案したプロジェクトの英語発表会を開いた。学生は七つのブースに分かれ、興味のある分野・領域についてアート作品、ショートムービー、ポスターなど、さまざまな形式でアピールした。

     「Action in English」は、今年度に一新された教養教育の語学プログラムの一つ。新語学プログラムは、学部に関係なく履修でき、自らの興味と能力にあわせて科目を選択することができる。中でも、Action in Englishは少人数ゼミ形式の授業で、独自のプロジェクトを考えて行動に移す実践型授業だ。

     この日の学生の発表は、環境問題、芸術、異文化など多岐にわたった。同大の学生や教職員のほか、他大学の英語教員、高校の教員、高校生なども訪れ、各ブースを熱心に回りながら、学生の発表に耳を傾けていた。

     医学部1年の本田優樹さんは「さまざまな学部の人と、互いの発表について英語で質問したり返答したりすることで、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力がついたと思う」と手応えを口にした。語学担当教員は「学部の枠をこえ、学生同士が協力して計画、準備を進めてきた。学生にとって貴重な機会になったと思う」と語った。

    名古屋市立大

    公式HP:http://www.nagoya-cu.ac.jp/
    所在地:〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
    電 話:052-853-8328

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

    2. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

    3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

    4. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

    5. NHK集金人に消火器噴射 ベトナム人実習生逮捕 愛知県警

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです