メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

企業の経営分析を一緒に学ぶ 今村ゼミ生と高校生が初めて 東京都内の合宿で

平塚さん(手前)の発表に耳を傾ける学生たち

[PR]

白熱した学生と平塚さんの議論

 茨城大学人文社会科学部の今村一真教授ゼミの学生20人が8月29日、初めて地元の高校生とともに企業の経営分析について一緒に学ぶ合宿を東京都内で行い、白熱した議論を交わした。

     ゼミの専門分野はマーケティングだが、毎年実施している合宿では、必ずしも専門ではない会計学の知識を使った業界・企業の経営分析に挑戦している。財務諸表などの会計資料を見るのは初めてという学生がほとんどで、キャッシュフローや投資有価証券の取得・売却状況なども調べ、その推移を検討しながら多様な業界の大手企業の動向を比較。分析結果を発表し、ゲストに招いた公認会計士ら専門家から講評をもらう。

     合宿に参加したのは、茨城県立那珂湊高校と同古河第一高校の生徒計2人。高校生を招いた狙いについて今村教授は、特に商業を勉強している高校生は、会計を本格的に学んだことのない学生よりも、簿記などの知識はあると指摘。一方で、学生たちはマーケティングへの興味を土台に、さまざまな企業の分析をしていて「両者が交流することは相互にとって刺激となり、得るものが大変大きい」と語る。

     高校生のうち、「人生で初めて」というプレゼンテーションに臨んだ那珂湊高校3年の平塚妙広さんは、自身がアルバイトをしているファストフード店について取り上げた。同県内の駅構内の店舗と、大都市圏の店舗の一日あたりの利用者数や客単価などのデータを比較し、売上高を伸ばすための方策について考察。そのうえで「注文の列に並んでいる途中で帰ってしまうお客様にどうとどまってもらうか。そのためにも、商品提供のスピードも含め、クレームを減らす対応が重要」などと説明した。これに対して学生たちは「混雑具合が外からわかる工夫も必要」「立地から考えると、客単価を上げるより客数を上げるほうがいい」といった質問や意見が示された。

     平塚さんは「緊張したが、すごく温かい雰囲気で、普段学校ではできない話ができて本当に良かった。大学で学びたいという気持ちが高まった。将来は海外の企業の研究もしたい」と笑顔で語った。一方、学生からは平塚さんに対し「受験も大変な中、しっかり研究としてまとめられていることに驚いた。経験に基づいた発表で勉強になった」と賞賛の声が贈られた。

    茨城大

    公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
    所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
    電 話:029-228-8111

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

    2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

    3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

    4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

    5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです