メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・日本薬科大

糀カレーを共同開発 埼玉県上尾市の香辛料会社と連携

日本薬科大が井上スパイス工業と開発した「糀カレー」

 日本薬科大は、カレールーや香辛料を販売する井上スパイス工業(埼玉県上尾市)と「糀(こうじ)カレー」を共同開発した。家族の健康を気遣う人の「健酵食」として、一般家庭や飲食店に加え、介護福祉施設や学校給食での普及を目指す。

     カレーは、砂糖を使用せず、米麹で作ったノンアルコールの甘酒のみで甘みを出すとともに、昆布やシイタケ、みそなどの和風食材を使用し、素材の良さと和食の伝統や知恵を生かしたのが特徴だ。また、とろみを出すために使う小麦粉の代わりに米粉を使用した。比較的甘口で、まろやかな口当たりのよいカレーに仕上がっている。

     同大と上尾市は2016年10月に連携協定を締結し、これまでさまざまな分野で連携事業を行ってきた。17年春ごろ、上尾市発の名物カレーを作りたいという市の意向のもと、同年5月に市を介して、同大と同社の連携が実現。産学官連携商品の開発を開始した。

     商品開発に携わった同大の北本勝ひこ特任教授は「若者の和食離れが進む中、このカレーを基に、子どもたちへ定着していくことを願っている」と話した。

     糀カレーは、同社敷地内の直売所「スパイスタウン」で販売中。定価486円(税込み)。10月6日に開催する「上尾市市制施行60周年記念式典」の記念品の一つに採用され、市民や関係者に贈られる予定。問い合わせは日本薬科大地域連携室(048・721・6249)。

    日本薬科大

    公式HP:http://www.nihonyakka.jp/
    所在地:〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室10281
    電 話:0120-71-2293

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
    2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
    3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
    4. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
    5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです