メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

ベトナムの日越大と覚書 気候変動教育・研究で連携

気候変動などの教育、研究に関する覚書を締結し、古田元夫・日越大学長(左)と握手をする三村信男・茨城大学長=茨城大提供

[PR]

 茨城大は、日本型の教育モデルを導入しているベトナム・ハノイの「日越大」との間で、気候変動などの教育、研究の連携に関する覚書を締結したと発表した。締結は9月10日付。日越大の学生の実習を受け入れるなど、学生・教職員間の交流を進める。

 日越大は日本、ベトナム両政府の協力で2016年に開学。筑波大など日本の大学が教員派遣などの支援を行っている。日越大は今月、気候変動や持続可能な開発に関する修士課程のプログラムを開講。ベトナム、ナイジェリア、ミャンマーの学生計25人が受講している。

 ベトナム南部のメコンデルタは世界有数のコメの産地で、地球温暖化に伴う海面上昇や台風の影響が懸念されている。茨城大が長年、東南アジアでの気候変動の影響や被害軽減策に関する研究、教育に取り組んできたことから、このプログラムを担当することになった。2年目には日本での実習などを予定している。茨城大の学生も今後短期研修でハノイを訪問し、日越大の学生と交流するという。

 茨城大の三村信男学長は「ベトナムが気候変動の問題を克服するための人材を輩出していく。こういった海外での経験は、茨城大の教育をより幅広いものにする契機にもなる」とコメントした。【大場あい】

茨城大

公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
電 話:029-228-8111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです