メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・上智大

「生と死を考える会」が講演会 高木さんら登壇 11月18日

シスターで上智大グリーフケア研究所特任所長の高木慶子さん

[PR]

 宗教や思想を超えて生と死について学び合う「兵庫・生と死を考える会」(神戸市灘区)の講演会(毎日新聞神戸支局など後援)が11月18日午後1時~4時半、兵庫県西宮市霞町5のカトリック夙川教会で開かれる。同会会長で「グリーフ(悲嘆)ケア」活動に取り組むシスターの高木慶子・上智大グリーフケア研究所特任所長らが、日常の中での「瞑想・マインドフルネス」の効果などについて話す。

     高木さんは、自身も被災した阪神大震災や、JR福知山線脱線事故、東日本大震災などで、遺族らの話を聞き悲しみに寄り添う活動を続けてきた。講演会では高木さんが「グリーフケア・ターミナルケアの現場での心構え」と題して、また、イエズス会無原罪の聖母修道院(東京)責任者、柳田敏洋さんが「キリスト教とマインドフルネス~苦しみをどう見つめるか」の題で講演する。

     一般1800円(前売り1500円)。定員300人(先着順)。申し込み、問い合わせ先は同会(〒657-0066 神戸市灘区篠原中町2の1の29の107 電話・ファクス078・805・5306)。メールはseitoshi@portnet.ne.jp。申し込みと同時に参加費を振り込む。【木田智佳子】

    上智大

    公式HP:http://www.sophia.ac.jp/
    所在地:〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
    電 話:03-3238-3179

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

    2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

    4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

    5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです