メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大学倶楽部・名古屋市立大

歴史的建造物の保存再生技術とモニタリング展 文部科学省で 11月9日まで

文部科学省の情報ひろばで開かれている「~暮らしを守る~ 歴史的建造物の保存再生技術とモニタリング」展

[PR]

 名古屋市立大学は11月9日まで、文部科学省2階入り口の情報ひろばで「~暮らしを守る~ 歴史的建造物の保存再生技術とモニタリング」のテーマでパネルなどを展示している。同所での展示は公立大学では初。

     展示されているのは、同大大学院芸術工学研究科の青木孝義教授と張景耀准教授の研究内容。地震発生時の建物の構造健全性診断、歴史的建造物の保存・継承技術の開発などを記したパネル5点と、地震の揺れに対する建物の健全性(層剛性)をリアルタイムで評価する実験装置を紹介している。

     10月17日には、ひろばのラウンジで展示テーマに関する公開セミナーも開催された。青木教授と張准教授による講演の後、エントランスに場所を移し、来場者に建物に見立てた模型に振動を与えると建物の揺れ具合を示す波形と層剛性がモニターにグラフで映し出される実験装置の説明をした。

     青木教授は「展示を通して、文化財の保存継承について文化庁の方とも意見交換でき、有意義だった」と語った。

    名古屋市立大

    公式HP:http://www.nagoya-cu.ac.jp/
    所在地:〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
    電 話:052-853-8328

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

    2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

    3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

    4. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

    5. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです