メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明治大

東京六大学野球秋季リーグ 首位打者賞に渡辺佳明選手

首位打者賞のブロンズ像を手にする明治大の渡辺佳明選手

[PR]

◇「プロでも首位打者」

     10月29日に全日程が終了した東京六大学野球秋季リーグで、明治大学の渡辺佳明内野手(4年)が首位打者賞を獲得した。

     打率4割2分(50打数21安打)だった渡辺選手が同リーグの4年間で積み重ねた通算安打数は95。「大学1年生の時は打てなかったが、練習の成果が出た」と喜びを口にした。

     横浜高時代に甲子園出場を経験したが、バットコントロールに磨きをかけたのは明治大進学後だ。「打撃練習の時から一球も無駄にしないことを心がけてきた」。さらに大学日本代表で同じユニホームを着た東北福祉大の楠本(現DeNA)からアドバイスを受け、あえて足場が不安定な「バランスディスク」の上に立って練習することで、スイングの時にぶれがなくなり、ミスショットが少なくなったという。

     祖父は横浜高で春夏通算5回の甲子園優勝を誇る渡辺元智前監督。25日のドラフト会議では楽天から6位指名を受けた。「プロ野球でも首位打者という目標を持ってやっていきたい」とさらなる高みを目指す。【高橋秀明】

    明治大

    公式HP:http://www.meiji.ac.jp/
    所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1
    電 話:03-3296-4545

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです