メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・芝浦工業大

「高大接続改革」と「大学教育の質保証」をテーマにシンポジウム開催

豊洲キャンパスで開かれたAPシンポジウム

 芝浦工業大学は10月26日、豊洲キャンパスで「高大接続改革推進事業による理工学教育の質的転換」をテーマに、大学教育再生加速プログラム(AP)のシンポジウムを開催した。学生ら約200人を前に、来賓5人が「高大接続改革」と「大学教育の質保証」をテーマに講演と各大学の実例を発表した。

     APは、高校や社会との連携、大学教育の質保証の実現を目的にしている。この日は、福岡工業大学学務部長の松尾敬二氏がアクティブ・ラーニング(主体的学び)型授業推進プログラムを、大阪工業大学教育センター長の椋平淳氏が教育の質保証を可視化するシステムを紹介した。続いて、芝浦工業大学の井上雅裕副学長が、教員と職員の協同による学修の質保証について、学生主体の活動であるラーニングファシリテーター(理工学研究科直属のスタッフとして学生の日々の教育支援などを行う大学院生スタッフ=LF)やスチューデント・コンサルティング・オン・ティーチング(教員の要望により学生目線で授業観察などを行い、授業改善に役立てる活動=SCOT)を事例発表。来場者からの質疑応答も行われ、高い関心が見られた。

     参加した学生は「講演者が学生と向き合い、深く分析した様子が分かり、専門分野の研究で多くの人が努力していることを実感できた」などと話した。

     芝浦工業大学は、改革を推進していくため社会や企業との連携を進め、建学の精神「社会に学び、社会に貢献する技術者の育成」の下に、今後もAPを推進していく。

    芝浦工業大

    公式HP:http://www.shibaura-it.ac.jp/
    所在地:〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14
    電 話:03-6722-2900

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
    2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
    3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
    4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
    5. がん検診誤通知で女性死亡 「要精密検査」を「異常認めず」と 岐阜市

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです