メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・追手門学院大

第52回将軍山祭開催 10月27、28日 関西学生サミットも

来場者のファッションチェックもあったコシノヒロコさんの講演会

[PR]

関西学生サミットの参加者

 追手門学院大学祭「第52回将軍山祭」が10月27、28の両日、同大で開催された。今年のテーマは「あっぱれ」。来場者、スタッフともに終了後に「あっぱれ」と思えることと、ここ数年天候に恵まれなかったため、期間中の晴天の祈りをこめた。願いが通じたのか2日間とも好天に恵まれ、同大を運営する追手門学院130周年の節目にふさわしいにぎやかな大学祭となった。

     初日は同大の客員教授でもあるファッションデザイナー、コシノヒロコさんが「私のファッション人生論」と題して講演。終了後には来場者のファッションチェックもあり、会場に詰めかけた300人超をわかせた。また、2年ぶりにお笑いライブが復活。6組のお笑いコンビが出演し、会場いっぱいの来場者を爆笑の渦に巻き込んだ。中には同大心理学部に通う木佐凌一朗さん(いなかのくるま)も登場し、客員教授から在学生まで同大の多彩な人材が活躍する一日となった。

     最終日には、同大が連携協定を結ぶガンバ大阪によるサッカー教室やユーチューバートークショー、仮面ライダージオウのキャラクターショーなど、家族で楽しめるイベントが盛りだくさんに用意された。また、同大の学友会組織「追風」が発起人となった初の「関西学生サミット」が開かれた。龍谷大、立命館大、梅花女子大、大阪学院大、四天王寺大の学生組織代表者が集まり、クラブ、サークル、ボランティアなど学生活動の現状と課題について熱い討論が交わされた。

     追風委員長の心理学部4年、大西惇さんは「来夏までに第2回関西学生サミットを開催します」と力強く宣言していた。

    追手門学院大

    公式HP:http://www.otemon.ac.jp/
    所在地:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
    電 話:072-641-9590

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

    2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

    3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

    4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

    5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです