メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・杏林大

学生の視点で捉えたSDGs 写真展を開催 12月14日まで

図書館内に設置された展示パネル

[PR]

「身近なSDGs~共存を求めて~」のポスター

 杏林大総合政策学部の川村真理教授(国際法)のゼミナールは、より多くの学生に国連の「持続可能な開発目標」(SDGs、エスディージーズ)を知ってもらおうと、写真展「身近なSDGs~共存を求めて~」を11月7日から同大井の頭キャンパス(東京都三鷹市)の井の頭図書館で開催している。12月14日まで。

 SDGsは、「環境保護」や「飢餓ゼロ」、質の高い教育、ジェンダー平等など17の国際社会共通の目標達成に向けて、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画。ゼミ生たちはSDGsを自らの視点で捉え、53点の写真に収めた。写真のモチーフは、街の雑踏や通学途中の道、電車、地元の風景、海、山などさまざまだ。

 ゼミに所属する同大総合政策学部3年の村上暁基(こうき)さんは「普段なら見過ごしていたことに視点を落とし、考えたことがなかったことを意識することができた。写真展を通じて、身近なところから社会の問題に関心をもってもらいたい」と話した。

 井の頭図書館の開館時間は平日は午前8時半~午後10時半、土日祝日は午前9時~午後5時。問い合わせは同大井の頭図書館(メールilib@ks.kyorin-u.ac.jp)。

杏林大

公式HP:http://www.kyorin-u.ac.jp/
所在地:〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
電 話:0422-47-5511

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです