メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪成蹊大

学生の「防災」アイデア 大阪市東淀川区が採用 イベントなどで紹介

「テジタル紙芝居」の一場面=大阪成蹊大提供
「マンガでわかる防災」=大阪成蹊大提供
物資配布場所を示す「ペタッとステッカー」=大阪成蹊大提供

 大阪成蹊大芸術学部の学生の防災に関するアイデアが大阪市淀川区で採用されることが決まった。防災を身近なものとして捉えられるよう、紙芝居や漫画、ステッカーなどで分かりやすく紹介している。今後、区内の防災学習や防災イベントに活用される予定だ。

     同大は地元の同区と2006年に連携協定を締結し、地域連携活動に取り組んでいる。昨年夏ごろ、区が防災に関する課題として、安全で安心できる避難所▽自分の命を守る「自助」の取り組み促進▽伝達手段の確保--の3点を同大に提示。課題に対し、キャリアデザインの講座を履修する芸術学部の学生らが9月から、防災センターの見学や防災に関する企画書作成などを行い、アイデアを考えた。その中から、イラストや漫画を用いた視覚的に分かりやすい3点が採用された。

     採用された「テジタル紙芝居」は、児童や幼児向けの防災学習に使用できるアニメーション。災害発生時の状況を目と耳の両方から伝えることで、子供たちの記憶に残りやすい教材を目指した。

     「マンガでわかる防災」は、若者に親しみやすい漫画で防災の大切さを表現した。フェイスブックやツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて広報する。

     「ペタッとステッカー」は、絵を見ただけで内容を理解できる案内記号「ピクトグラム」で物資配布場所や高齢者、車いす利用者などを分かりやすく表示した。日本語のほか、英語、中国語、韓国語に対応している。

     アイデアが紹介される防災イベントは以下の通り。12月1日==「食育展」東淀川区役所(大阪市東淀川区)▽2019年2月24日「菅原地域防災訓練」大阪市立菅原小学校(同区)。【丸山仁見】

    大阪成蹊大

    公式HP:http://univ.osaka-seikei.ac.jp
    所在地:〒533-0007 大阪市東淀川区相川3-10-62
    電 話:06-6829-2600

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
    3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
    4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
    5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです