メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・学習院大

春よ来い! 受験生に桜モチーフのクリスマスカード送付

2015年に受験生に送ったクリスマスカード

 街中がクリスマスムードの12月も勉強一筋の受験生を励まそうと、学習院大学は例年この時期にクリスマスカードを送っている。同大のオープンキャンパスに参加したり、入試資料を請求したりした生徒が対象で、今年は同月20日ごろ、約2万通の送付を予定している。

    2016年に受験生に送ったクリスマスカード

     カードの送付を始めたのは3年前。春を待ちわびる受験生を応援しようと、同大の校章のデザインでもある桜をイメージしたカードを制作した。ウェブ出願の開始や国際社会科学部の新設など、同大の新たな取り組みの情報に加え、「桜の季節にお会いしましょう」というメッセージを、桜のクリスマスツリーに添えた。

    2017年に受験生に送ったクリスマスカード

     翌年のカードはクリスマスリース型。モミの木のリースをはがすと桜のリースが現れ、「春」が訪れる仕掛けだ。3年目となる2017年には、ツリーを結んだリボンが飾られた表紙を開くと、「学習院大学」と印字されたゴールテープが桜と現れるカードを用意した。いずれも手の込んだ仕上がりとなっている。

     受け取った受験生がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に「ありがとう」「頑張ろう」といった感想を書き込んだり、入学後のアンケートに「クリスマスカードがうれしかった」「ゴールリボンをお守り代わりに受験会場に持参した」と答える学生もいたりするなど、好評だ。

     また、カード送付を始めて以降、志願者数が3年連続で増加し、18年度入試では、過去最高の志願者数を記録。さらに、日本郵便が優れたダイレクトメール(DM)に贈る「全日本DM大賞」にも15、16年と連続入選を果たすなど、学外からも評価されている。

     今年のデザインは、受験生が受け取ってのお楽しみだ。担当する同大広報センターの関峻之介さんは「大学の情報もインターネットで簡単に得られる時代だが、直接手に取ってメッセージを受け取れる紙のカードだからこそ、高校生の心に響いているのでは」と今回もその効果に期待を寄せている。

    学習院大

    公式HP:http://www.univ.gakushuin.ac.jp/
    所在地:〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1
    電 話:03-5992-1008

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
    2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
    3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
    4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
    5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです