メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

茨城・三浜駅伝 一般部門、男女ともV

トップでゴールに飛び込む茨城大Aのアンカー伊藤裕紀選手

 茨城県の那珂湊、平磯、大洗の三つの浜を駆け抜ける「第73回三浜(さんぴん)駅伝競走大会」(ひたちなか市・大洗町主催、毎日新聞水戸支局後援)が12月2日、ひたちなか市和田町3の市漁村センターを発着点とするコースで行われた。職場や学校、ランニング仲間でチームを編成し、計174チームが参加。一般・高校男子部門と一般女子部門は共に茨城大が、中学の部では男女共に常陸太田市立峰山中が優勝を飾った。

     4年ぶりの総合優勝(高校男子と一般男子を合わせた1位)を飾った茨城大Aは2区(7.5キロ)の小野隼太選手(修士課程1年)が一気に8人を抜いて先頭に立ち、そのまま逃げ切った。小野選手は「一緒に走ってきたメンバーの思いを背負い、トップに立とうと必死だった」と、自身の快走を振り返った。

     女子の部で優勝した茨城大の1区(6.2キロ)を走った大塚千穂選手(3年)は地元出身で、中学生の時から三浜駅伝に参加している。今回初めて最長区間を任され、スタート前はプレッシャーを感じていたという。それでも、トップと45秒差の2位でたすきをつなぐと、「沿道には祖母の家があり、両親からの声援もあって頑張れた。三浜駅伝では近所の人たちの顔を見られるので安心して走れる」と笑顔を見せた。【韮澤琴音】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
    2. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
    3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
    4. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト
    5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです