メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明星大

トンボ 新たに4種確認 神奈川・相模原の姥川 講師の田口さん調査

姥川で生息が定着したとみられるコオニヤンマ=田口正男さん提供

 神奈川県相模原市の市街地を流れる姥川で、清流に生息するコオニヤンマなど4種のトンボが生息しているのを都市部でのトンボの生態を研究している明星大学非常勤講師の田口正男さんが新たに確認した。田口さんはこれまで確認した種と合わせ、少なくとも7種以上が生息していると推察。トンボの存在は、下水道改良や上流部での護岸改修が奏功し、姥川の環境改善が進んだ証しとみられている。

     姥川は相模原台地を形成する横山丘陵の段丘崖に沿った延長約6・5キロ(中央区上溝~南区下溝)の細流で、相模川支流の鳩川と合流。長年、雨水を処理する「都市下水路」として利用されていた。上流部の「日金沢(ひがねざわ)」は歌舞伎や浄瑠璃で知られる伝説「小栗判官物(おぐりはんがんもの)」の主人公「照手(てるて)姫」が産湯を使ったとされる伝承の地だ。

     JR相模原駅周辺の市中心部では、雨水と汚水を一つの管で流す合流式下水道が採用されていたため、大量の雨で下水管があふれ、姥川などの河川に汚水が流れ込むことが問題になっていた。そこで市は1999年、下水道を雨水と汚水に分ける分流式に改善する事業に着手。徐々に分流化が進み、汚水の流入が抑制されてきたという。

     一方、市は2005年3月、2級河川並みに河川法の規定が一部適用される「準用河川」に格上げ指定。07年度から日金沢から最上流部の横山公園までの977メートル区間で、国が提唱する「多自然川づくり」に基づく護岸改修に着手。これまで日金沢から上流627メートル区間で、鉄線の枠に自然石、砕石などを詰める(蛇=じゃ=かご)の工法で護岸を整備した。

     市などによると、横山丘陵の段丘崖には「井戸のつぼ」と呼ばれるわき水の場所が多くある。蛇かご護岸に改良したことで段丘崖からの湧水(ゆうすい)が川に流れ込むようになり水質などが改善されたという。

     田口さんの定点観測調査では、これまで姥川流域で見られたトンボは、16年度までにアキアカネ、コノシメトンボ、ウスバキトンボの3種だった。ところが今夏はコオニヤンマ、オナガサナエ、ダビドサナエを確認したほか、ミヤマアカネの羽化後間もない幼生や成体も見つけた。田口さんは「姥川に清流が戻り、横山丘陵の斜面緑地が残っていることで、市街地での生物群の回復につながったのでは」と話している。【高橋和夫】

    明星大

    公式HP:https://www.meisei-u.ac.jp/
    所在地:〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1
    電 話:042-591-5670

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
    2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
    3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
    4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
    5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです