メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・創価大

多摩の学生コンペで安田ゼミチームが最優秀賞受賞 ADHD者の就労前対策提案で

最優秀賞に輝いたTeam owlの学生
プレゼンテーションする学生ら

 東京・多摩地域でフィールドワークをしている学生が街づくりのアイデアを競う「第5回多摩の学生まちづくり・ものづくりコンペティション2018」が12月15日、東京都八王子市の帝京大学ソラティオスクエアで開かれ、創価大学経営学部・安田賢憲ゼミのTeam owlが最優秀賞に輝いた。同ゼミとしては2年連続、同大としては3年連続の受賞。

     イベントは、産官学の地域連携組織「ネットワーク多摩」(東京都日野市)の主催。応募した33団体から選抜された6団体が「多摩の将来!学生達の創意工夫大発信」のテーマに基づき、活性化のアイデアをそれぞれ提言した。

     安田ゼミのチームは、発達障害の一つである注意欠陥多動性障害(ADHD)当事者が、就労後にさまざまな悩みに直面している点に着目。就労前に自身の特性の得手不得手を理解し、その対策法を知って身につける重要性を提案した。調査としてADHD当事者会・団体を40回以上訪問、300人以上にインタビューを実施。その結果に基づき、ADHDの大学生を対象に職場を想定した体験型自己分析ゲームのイベントを考案し、その取り組みを街づくりの観点から報告した。

     チームリーダーの経営学部3年、片田明梨さんは「たくさんの人の思いが詰まったこのプロジェクトを評価いただけたことが本当にうれしいです。支えてくださった全ての方への感謝の心を忘れず、活動を続けたい」と語った。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
    2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
    3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
    4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
    5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです