メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立命館大

「産官学連携、今後も」 新学長就任へ、仲谷氏抱負

来年1月から学長に就任する仲谷善雄副学長(右)と吉田美喜夫現学長

 来年1月に立命館大学長に就任する仲谷善雄副学長(60)が12月11日、朱雀キャンパス(京都市中京区)で記者会見を開き、さらなるグローバル化やダイバーシティー(多様性)の推進、産官学連携に取り組む考えを述べた。

     仲谷氏は社会心理学を専攻し、大阪大卒業後に三菱電機で避難行動モデルのシミュレーション開発などに取り組んだ。認知工学が専門で2004年から立命館大で教員を務めている。

     会見ではこれらの経験を踏まえ「産官学連携で研究・教育のレベルが上がっており、今後もクロスアポイントメント制度(研究者が複数の大学や公的研究機関、企業の職員として働くこと)の活用や、海外のベンチャーとの積極的な連携を行っていく」と述べた。また、ダイバーシティーを生かし研究に弾みを付ける方針も示した。

     吉田美喜夫現学長も同席し、「一日一日を大切にし、自分なりに全力投球だった」と4年間を振り返った。【菅沼舞】

    立命館大

    公式HP:http://www.ritsumei.jp/
    所在地:〒604-8520 京都府京都市中京区西ノ京朱雀町1
    電 話:075-813-8300

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
    2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
    4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
    5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです