メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・上智大

教育・研究の充実を 南山大と包括協定

包括協定を結んだ上智大の曄道学長(左)と南山大の鳥巣学長

 対抗運動競技大会「上南戦」で知られる上智大(東京)と南山大(名古屋市)は12月14日、国際化や教育・研究の充実を目指し、包括協定を結んだ。両校はカトリック精神に基づいて設立された大学で、これまでも交流はあったが、大学間の公式な協定はなかった。今後、学生が両大学で学ぶ機会を提供するなど連携を強化する。

     両大学は来年で60回を迎える上南戦や研究所間などで、個々に交流を進めてきた。少子化で大学を取り巻く環境が変化する中、今後は連携を強化し互いの強みを活用していく。情報通信技術(ICT)を活用した双方向授業や単位認定、教職員の共同研修などを想定している。

     南山大で調印式に臨んだ上智大の曄道(てるみち)佳明学長は「強力なパートナーを持つことは意義がある。新たな学びの場の提供、研究交流が大きく望める」と話した。南山大の鳥巣(とりす)義文学長も「両校の交流をますます育み、力強くタッグを組んで前進したい」と期待した。【川瀬慎一朗】

    上智大

    公式HP:http://www.sophia.ac.jp/
    所在地:〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
    電 話:03-3238-3179

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
    2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
    3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
    4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
    5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです