メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

協定書を手に握手する国立極地研究所の中村卓司所長(左)と成蹊学園の亀嶋庸一学園長

 成蹊大学などを傘下に持つ成蹊学園(東京都武蔵野市)と国立極地研究所(同立川市)が12月17日、包括連携協定を締結した。同学園が収集してきたデータを極地研に提供したり、極地研が南極や北極で得たデータを学園の教育に役立てたりしていくという。私立の学校法人が極地研と協定を結ぶのは初めて。

     同学園は気象観測で90年の歴史を持ち、学園全体で環境教育に力を入れている。4年前から極地研の協力で、オーロラと宇宙に関するシンポジウムを開くなど関係を深めていた。両者は今後、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が進める持続可能な開発のための教育(ESD)の推進に取り組む。

     同学園の亀嶋庸一学園長は「学園全体で連携していくなかで、教育・研究の成果を社会に発信したい」と話し、極地研の中村卓司所長は「持続可能な社会を担う次世代の育成は喫緊の課題。両者の連携によって社会に一石を投じたい」と意欲を語った。【中根正義】

    成蹊大

    公式HP:http://www.seikei.ac.jp/university/
    所在地:〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
    電 話:0422-37-3517

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 富士通 早期退職に2850人
    2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
    3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
    4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
    5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです